2014年9月1日月曜日

我が敗北の歴史 かくて発泡スチロールは汚いクレードルとなりけり

 突然ですがうちの机には携帯の置き場がありません。
狭いから、というわけではなく決まった置き場が無いのです。
決まった置き場の無いものって、置く場所がヒョイヒョイ動いて見つけづらいんですよね、しかも携帯は充電しながら置き場を変えるからケーブルがヅルンヅルン動いて本当にもう…ア゛ァ゛イ゛!!!!!

そんなわけで携帯のクレードルとかあったら良いなーって思ってたんですけど、何せ僕が使っている機種はXperia miniという奴でして、一般的な携帯よりスゲエちっちゃくて少し厚いんです。
ピッタリ合うクレードルも(クッソ高い純正品以外)見つからなくて困っていたんですが、今日たまたま行ったダイソーでコイツを見つけました

発泡スチロール製のブロックです。
で、コイツの穴に携帯を突っ込んでみると

 んっ♥

ジャストフィットしました

とはいえこのブロック、10cm×20cm×5cmと結構デカいです
流石にこのまま机の上には置けないので

 1/4の大きさにカットすることにしました。
発泡スチロールは普通に切るとクズがボロボロ出るので、専用の道具で切ります、
今回使ってみるのはこれ
 ダイソーの発泡スチロールカッターです。



こんな風に電池をセットして、スイッチを入れるとニクロム線に電気が流れて、電気抵抗で発熱します。
その熱で発泡スチロールを溶かして切る道具です。


一通り準備をしてから気付いたのですが

太い
切れない


しょうがないので新たに追加したラインから穴を通して切ることにしました。




この通り

で、残った部分を少しずつ削ぎ落とすような感じで溶かし切ってみます


結構ラインに近づいてきました

 途中経過と削り節
 ほぼ平坦

 この後反対側も削って縦に半分にしたのですが、
作業に熱中しすぎて写真撮るの忘れました、こいついっつも写真撮り忘れてんな。


そんなわけで出来たのがこのクッソ雑なクレードル。
今日は飽きたし疲れたのでこれで終了です、気が向いたら紙やすりかなんかで表面を整えてみようと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿