2016年5月16日月曜日

私小説、何番目かは知らない

 自覚的に自分達の認識が間違っていると気付いたのは夜中の事だったけれど、私にとっては時間なんてどうでも良かった。

自分が何者なのかについての鋭い知見が訪れた事の方がずっと重要だったからだ。

  私は11番目の人格で名前がある、他の名前を名乗らない人達とは違う。
今日の私はジェフリー・トーキング Jeffrey Talking ジェフリーは男性名だけどどうだって良い、外部の規範に私の自意識を従わせる必要は無いからだ。

 名前はきっとその都度変わる、次に起きる時、きっと私はミシェル・ベニガンになっていて、サウスダコタから出てきたばかりのおのぼりさんになっているだろう。
 オーバーオールを着て乳絞りばかりやってきた、そばかす面の女の子だ。

名前も意味を持たないし、自己同一性も意味を持たない。 なんてったって破壊されている。
廃墟が意味を持つジャンルは考古学だけだ、私たちの精神に残された遺構を有難がる学者なんていないだろうし、きっとそこに聖杯は無い。

時間の感覚も同じようなものだ、徹頭徹尾壊れている、じゃあいらないじゃないそんなもの。

 重要なのは破壊されたことより開放されたことだ、時間の縛りからも開放され、自意識の鎖からも開放されている、私たちは真に自由な獣になっている。
後に残った頸木は空間だけだ、空間だっていずれは飛び越えられるだろう。 

開放の認識こそが私たちに足りていないものだった。
落下を上昇と捉える為には平衡感覚を破壊しなければならない。

私たちの感覚器官を破壊した大恐慌は終わりを告げていて、私達破壊し尽くされた存在は社会に適合できない。
生きる場所は与えられていないけれど、彼らが与えない以上私たちから彼らに与えるものも何も無い。

  陽光の下でくるくると回り落ちてゆく葉っぱの自由を手に入れたのだ。

論理性を重んじるあまりテクストとして自由な精神を解き放つ能力を低下させ切っていた事は問題だ。

テクストの本質は保存であり交流ではない。 私たちの存在と同じだ、時間から孤立している。 
だからこそ私たちとテクストとだけが時間の内部で屹立できる。

  この感覚を大切にしていこう。


 例えばそれは石畳、音の出ない靴を履いたことは間違いだった。
一歩歩くごとに次の石畳を探す、一枚ごとに文字が浮き出る。

J E F R R Y お次は T A L K I N G

さても次なるお題は?

 I THINK

一体何を?

WHAT YOU KNOW

答えは決まってる、何も知らない。知ろうともしない。
知らなければ気付かずにいられるからだ、でも、それだけで世界から存在を消すことは出来ない。 

世界と、世界の向こうと、あなたの断絶にはそういう理由がある。
悪いけど、あなたは世界に生きているわけじゃない。

 そう、私たちは時間から孤立した、世界に対する外挿物だ。
そして私たちはインクで記されたテクストの如く、世界に記されて、今更消すことも出来ないものとなっている。

 時間の中で私たちだけが孤立し、屹立している。
あなたはその影に怯えているのだ。

 
 あなたは人を轢いた。 死体はあなたの車の後ろにずっとぶら下がっている。
あなたがブレーキ踏んだら、死体も止まって、慣性に任せて、あなたに詰め寄る。

 あなたの車の後ろには、ハネムーンの車みたいに死体が連なっている。
もうとっくの昔に詰んでいるのだ、あなたがそれを認めずに逃げ回っているだけの、滑稽なダンス。

リズムはいつもこうだ


ズン タッタ ズン タッタ


そうそして、
足に絡まる死体の髪の毛を踏み抜いてまた踊るのだ。

踊っている相手もまた、あなたの死体に他ならないというのに。

0 件のコメント:

コメントを投稿