2016年5月6日金曜日

山中崇裕さんと余命の思い出

 むかーし寿命が割と短い宣告喰らった時のこと思い出した

いろんなものが逆行して見えて、視界の後ろから白い領域が広がっていって全部遠く見えるし、手足に力が入らなくなるんだよね。
多分寿命だけじゃなくて、いろんなシチュエーションで強いショック受けるとああなるんだろう。

 そうなって、どうにもならない所まで来たところで、だから一日一日を大切にしましょうねー なんて達観した考えに至れるわけなくてね。

死にたくないし、それ以外何も無かった。

 あの頃はちょうど爺さんの死体の手を握って、死ぬ感触を確かめた時期でもあって、
だから自分が死ぬって事実が、常に目の前にあって、物凄くリアルな感触で触れる距離に迫ってきていた。

目の前にピントが合った状態で、自分の死が置かれた時、人間に出来る事はそこから目を背けるか、あるいは見詰め続けて発狂するかであって、その向こうの出来事にピントを合わせられるのはごく一部の人だけだと思う。


 そういや、こっちが死ぬって事を勝手に受け入れてた人もいたみたいだけど。
当人が受け入れず足掻いてる時に、勝手に受け入れて殺してたんだよね、あの人。

ひっでぇ話だ。

 お前が死んだら物凄く泣くし悲しむだってさ。
そういうものすら無くした場所に追いやられそうになって苦しんでる奴に、そうなる事を受け入れろって迫って、それで更に苦しめたって分かってるのかな。

結局、死に対する認識が激甘な上にその自覚すらないままで他人に押し付けてたんだよね、それも当人の為でもなく自分が納得する為だけに。

これが悪でなくて、なんなんだろうな。

0 件のコメント:

コメントを投稿